健康維持のための健康補助食品

 

健康維持のために健康補助食品を、利用する人が増加しているようです。

 

たくさんある健康補助食品の種類の中から良いものを選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

 

よく見ると、健康補助食品の包装容器には、固有のマークが印刷されています。

 

JHFAマークというマークも、その一つです。

 

 

image_003

 JHFAマークとは、財団法人日本健康栄養食品協会が許可をしているというマークです。

 

一定の条件を満たした健康補助食品につけられるものです。

 

JHFAマークのついた健康補助食品を選ぶことで、一定の信頼性を得ることができるでしょう。

 

JHFAマークが表示されるようになるためには、3つの認定基準があります。

 

その認定基準と言うのは、製品の規格、製造過程の基準、そして適正な表示や広告がされているかです。

 

検査機関では、どんな成分が含まれているか改めてチェックします。

 

その上で、成分表示の内容に誤りはないかや、衛生面の基準はクリアしているか、見た目や形に問題はないかを確認します。

 

使われている原材料や、どんな製造過程でつくられた健康補助食品か、作業者の衛生面、広告の内容に逸脱したものはないかといった点も、隅から隅まで調べた上でマークの表示を許可します。

 

体に必要な栄養成分は、食事から摂取することが理想的です。

 

ですが、多忙な日々を送っている人の中には、思うように食事内容を変えられない人もいます。

 

健康補助食品を活用することで、食事だけでは不足しているような栄養を補っていきましょう。

 

サプリメントは健康補助食品

 

忙しい現代人は、栄養バランスのとれた食事を毎日欠かさず摂るのはとても大変なことです。

 

食事だけでは足りない栄養成分がある場合、サプリメントを使うと簡単に補給ができます。

 

海外は、日本と違って、国民皆保険制になっていないところもあります。

 

そのため、病気になると多額の医療費がかかってしまうため、普段からサプリメントで健康維持をはかるのです。

 

サプリメントとは、補給を意味する英語です。

 

普段の食事ではどうしても足りなくなりがちなビタミンや、ミネラルを、健康補助食品によって補給するという考え方なのです。

 

私たちの普段の食生活はカロリーが多い割りに、栄養のバランスが悪く、不足しがちな栄養成分も少なくありません。

 

ビタミンやミネラルなど必要な栄養成分が、足りていない人がほとんどのようです。

 

ビタミンは、体内の臓器を動かすためには重要な栄養素ですが、食事など外部から取り入れなければいけません。

 

健康を維持するためにはビタミンは必須の存在ですから、食事から補給しきれていないという時は、サプリメントなどで確実に摂取したほうがいいでしょう。

 

ビタミンの吸収には、ミネラルが重要な役割を担っていますので、ミネラルも一緒に摂取することが、日々の食生活には求められます。

 

体に必要な栄養をできるだけ食品から摂取した上で、なお不足している栄養素があれば、サプリメントを使って補助的に摂取しましょう。

 

栄養補助食品の注意点

 

栄養補助食品を使うことが、多くなっていると思いますが、摂取する時の注意と言うのはどんなものがあるのでしょうか。

 

栄養補助食品は日々の食事だけでは不足しがちな栄養素を補うものですが、特定の飲み合わせや摂りすぎは体に悪影響を及ぼすことがあるので要注意です。

 

健康のために飲むものといっても、大量に飲めば飲むほど体のためになるというものはありませんので、適量を守って栄養補助食品を摂取していきましょう。

 

病院から処方されている薬を飲んでいる人は、栄養補助食品によっては、薬の効果を強くしすぎてしまったり、薬の効き目を阻害してしまうことが起こりえます。

 

常用薬がある人、病気の治療中という人は、栄養補助食品を使い始める前に、かかりつけの医師などに話を聞いてみてください。

 

栄養補助食品の中でも、原材料にハーブを使っているものは、薬の効果に影響を及ぼす場合があります。

 

栄養補助食品は食品なので、消費期限があることも覚えておきましょう。

 

ネット通販などで購入する場合は、とくにしっかりと確認しておいたほうが無難です。

 

低価格で販売されている栄養補助食品の中には、消費期限間近なものもあるといいます。

 

通信販売会社の中には、大げさな商品紹介をするところもあります。

 

いかにも病気が治りそうな書き方をしている栄養補助食品もありますが、過度にあてにしないようにしましょう。

 

栄養補助食品を賢く活用して、健康増進に使っていきましょう。

 

コメントを残す