健康食品とサプリメントの違いについて

健康食品とサプリメントは同じものであり、何が違うのかわからないという認識を持っていませんか。

 

厚生労働省でも、健康食品とサプリメントに明確な定義を設けてはいません。

 

サプリメントは、食品のカテゴリに分類されて販売されていますので、薬のような効能は記載できません。

 

体が必要としている栄養を補給するなどの用途で、健康食品は使われるというイメージがあります。

 

サプリメントは、栄養素やいくつかの成分が濃縮されて錠剤型やカプセル型になっているという印象があります。

 

カプセルや錠剤だけでなく、ドリンク状やゼリー状、食べ物の状態での健康食品やサプリメントがあり、形は多種多様です。

 

健康食品やサプリメントといった呼び方以外にも、特定保健用食品、栄養補助食品、健康補助食品などという表現もあります。

 

特定保健用食品は、有用性や安全性について消費者庁や食品安全委員会の審査を経て、一定の科学的根拠を有する者に認められています。

 

食事だけでは補い切れていない栄養素を確保するために、栄養補助食品が用いられます。

 

健康補助食品という言葉がありますが、この言葉の意味は、財団法人の日本健康・栄養食品協会が示す栄養の補充に使う食品というものです。

 

呼び方は多種多様ですが、サプリメントと健康食品とには、これといった明確な差は設定されてはいません。

 

食事だけでは補給しきれない栄養素を効率的に摂取するために、健康食品や、サプリメントは利用されています。

 

 

栄養不足を補うために健康食品やサプリメントを利用する

健康的な生き方を模索する人が増加しているために、サプリメントや健康食品の需要が大きくなっています。

 

医療費をかけずに済むように、病気予防に配慮した生活習慣や食事づくりを心がけるという人もいます。

 

日常生活を健やかに過ごしていくためにも、日々の健康管理はとても重要なことです。

 

サプリメントや健康食品は薬ではないので、飲めば病気が治るなどの効果が出るものではありません。

 

普段食べているものだけでは栄養が欠乏している時は、サプリメントの出番です。

 

サプリメントのいいところは、手軽で、手間をかけずに栄養補給ができることです。

 

健康食品やサプリメントは体にいい成分が配合されてはいますが、だからといって摂りすぎると弊害が起きかねません。

 

あくまてサプリメントは食事の補助として使うものであり、主となる栄養成分はできるだけ食事で摂取するようにしましょう。

 

まずは普段の食事を見直すことも大切です。それでも食事で十分な栄養を摂取することが難しい場合は、サプリメントや健康食品を利用すると良いでしょう。

 

サプリメントを使う時には、数ある商品の中から、自分の求める条件に合致するものを探します。

 

自分の体が必要としている栄養素は何かを見極めた上で、サプリメントや健康食品を購入することです。

 

健康食品やサプリメントを利用する時に注意すべきこと

普段の食事だけでは補給が難しい栄養成分でも、サプリメントや健康食品を使えば、確実に取り入れることができるようになります。

 

サプリメントや健康食品は栄養補給に役立ちますが、これらは食事で得る栄養を補助する目的で使うものですので、サプリメントがあるから食事が適当でいいということにはなりません。

 

健康や美容のためには、第一に食事内容をきちんとチェックして、バランスのいい食事を摂るようにした上で、足りないところだけをサプリメントで補填します。

 

サプリメントや、健康食品は飲んですぐに効果が現れるものではありませんので、継続的に摂取することが前提になります。

 

期待した効果がすぐに現れなくても諦めずに、気長にコツコツと使い続けることが、サプリメントや健康食品の基本になります。

 

サプリメントや健康食品の効果はその人ごとに異なり、もともと体質や食環境、日中の活動量、生活習慣なとによっても左右されます。

 

サプリメントや健康食品を使う場合、6ヶ月くらい使っていても一向に効果が得られない時は切りかえたほうがいいでしょう。

 

医薬品は副作用のリスクがありますが、食品として販売されている健康食品やサプリメントは、副作用がほぼありません。

 

ただし、用法や用量を無視して使いすぎたり、誤った飲み方をしていると、身体トラブルが起きることがあります。

 

サプリメントの効果をできるだけ早く実感したいからと、多量に摂取してしまう方もいます。

 

誤ったサプリメントや健康食品の使い方をしていると、身体に問題が起きることがあります。

 

説明書きの欄に摂取量や飲み方などが記載されていますので、その内容に基づいた飲み方をすることです。


健康食品の種類による取り扱いの違いについて

健康ブームの影響を受けて、健康食品を愛用しているという人は珍しくなくなっています。

 

健康食品は薬品ではなく、あくまでも食品であるため、健康効果についての表示は出来ないことになっています。

 

近年では、決められた制限をクリアすることによって、効果に関する表記が認められるようになりました。

 

これらの健康食品は一般的なものとは異なり、健康に影響を与える食品として販売することが許されています。

 

健康食品の広告は、健康雑誌や、通販サイトなど、人目に触れそうな色々な媒体に載っています。

 

具体的には、特定保健用食品や栄養機能食品、そして機能性表示食品などの種類があります。

 

特定保健用食品は、トクホという愛称と、専用のマークがあります。健康に影響を与える成分を含む食品のうち、特定の機能を備える種類のものを指します。

 

体に必要なビタミンやミネラルなど、指定の成分を摂取するために利用できるものが、健康機能食品になります。

 

最後の機能性表示食品は、比較的最近になって定義がされた健康食品の一種です。

 

機能性表示食品は、企業が責任を持って、その成分の科学的根拠のデータや論文を消費者庁に届け出ます。

 

これらの健康食品は、健康に役立つ効果を商品包装や宣伝広告する時に表示することのできる食品です。


健康食品には種類があり国が定めた制度も存在

日々の食事メニューでは、健康を維持するために必要な栄養が不足していると感じる人は、健康食品を利用することがあります。

 

市場に流通している健康食品の種類は膨大なものになりますので、どれがいいかを見極める必要があります。

 

実際のところ、健康食品に含まれている成分や摂取の仕方について、よく知らないという人もいます。

 

健康食品やサプリメントと称して販売されている商品は多いですが、法律ではっきりとした設定はありません。

 

健康食品には色々な分類があり、分類のやり方が表示の方法に関しては、国の決まりがある程度つくられています。

 

身体機能への保健効果が認められている成分が一定の条件で含まれているものは、健康機能食品の表示が可能です。

 

特定保健用食品は、トクホという愛称がついており、専用のマークも設定されています。

 

特定保健用食品は商品ごとに厚生労働省から審査を受けて認可をもらうもので、身体への特定効果があるものです。

 

条件付き特定保健用食品は、特定保健用食品として認めらうるまでの効果はないけれども、ある程度は身体に有用であるものに使われます。

 

体にとって必要な機能向上に役立つ成分が配合されており、国の認可はないけれど成分として十分であるという場合は、機能性食品になります。

 

機能性食品は様々なものがありますので、見つけたことがある人はたくさんいます。

 

栄養機能食品は、ビタミンやミネラルなど特定の栄養を補給できる健康食品であるということを意味します。

 

どんな健康食品を選ぶべきは迷ったら、配合成分の種類などを確認するだけでなく、表示もチェックするといいでしょう。

 

コメントを残す