サプリメントと薬の飲み合わせ

この頃、サプリメントを常用している人が増加していますが、医師から処方された薬を飲んでいる場合は、飲み合わせの問題があります。

 

サプリメントの成分によっては、薬と同時に摂取することによって、体に悪い影響を及ぼしてしまうこともあるそうです。

 

 

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

サプリメントと、薬との飲み合わせによって、薬の作用が弱まったり、強くなりすぎてしまう可能性もあるようです。

 

強心薬を飲む時にはカルシウムは摂取できませんし、骨粗しょう症の薬と一緒にマグネシウムは飲めません。飲み合わせが悪いためです。

 

鉄分のサプリメントは、甲状腺ホルモン薬を飲んでいるという人には、飲み合わせがよいものではありません。

 

持病の治療のために、日頃から薬を飲んでいるという人は、サプリメントを使い始める前に医師に相談してみるといいでしよう。

 

ネットで調べれば、サプリメントの成分と、薬の飲み合わせについて、具体的な症例を確認することが可能です。

 

飲み合わせについて気になる人は、調べてみるのもおすすめです。

 

サプリメントは食品カテゴリーの商品として扱われていますが、ものによっては薬にも性質が近いため、一概に副作用がないとは言えません。

 

サプリメントを利用して、体にいい効果を得ようとしていたのに、薬との飲み合わせが原因で、体によくない影響が出てくる可能性があるといいます。

 

もしも具合を悪くしたら、飲み合わせの問題を解消するため、薬とサプリメントを併用しないようにします。

 

普段から薬を使っているという人は、飲み合わせの問題を避けるためには、あまりサプリメントを使わない方がいいかもしれません。


コメントを残す