サプリメントで副作用を起こさないために

 

サプリメントの副作用を招かない為には、自分にあったサプリメントを探す事が大切なポイントになります。

 

実際に飲んで確認することができれば問題はないですが、サプリメントは高い買い物になりますので、片端から買ってみるということはまずできません。

 

プリント

 

販売会社は、サプリメントのアピールに、サプリメントのいい点は言いますが、注意点からは目をそらさせようとします。

 

サプリメントを選ぶ時に、試供品をしばらく摂取してみるという見極め方もあります。

 

どんなサプリメントか知るためには、しばらく飲んでみるに越したことはありません。

 

少量使ってみただけで、お腹がゆるくなったり、皮膚にぽつぽつができたという時は、体に合わないサプリメントの証拠です。

 

添加物をたっぷり使っているようなサプリメントは、避けたほうがいいでしょう。

 

サプリメントに含まれている添加物のアスピリンは、喘息の発作を引き起こすことがありますので必ず確認しましょう。

 

化学物質で形状を固めて、錠剤タイプのサプリメントを製造しているというメーカーも、中にはあることが指摘されています。

 

カプセル状のサプリメントの場合、カプセルの材料にゼラチンを使うことがあります。

 

副作用の原因が、サプリメントの原材料そのものではなく、カプセルや化学成分が体の中で濃縮されたものという危険性もあるといいます。

 

新商品の中には、十分なデータが蓄積されていないままに商品化され、副作用にも不明点が残っていることもあります。

 

実際のところ、サプリメントは食品扱いで売られているので、副作用面の調査が不十分なものもあります。

 

10年単位で継続して一つのサプリメントを摂取する場合の、体への影響はわからないこともあります。

 

サプリメントを選ぶ時には、原材料や、製造工程などを確認して、副作用の可能性が少なそうな商品を選び、健康に役立てていきましょう。

 

コメントを残す