保健機能食品とは

 

機能性食品とは、健康維持や免疫向上、病気の予防や回復効果などを目的とした食品です。

 

販売されている機能性食品の種類は多種多様です。

 

、保健機能食品、特別用途食品の3種類が、機能性食品として扱われています。

 

保健機能食品とは、特定保健用食品と、栄養機能食品という2種になります。

 

 

112602

かつては、食品に関わる法律によって、特定の疾患に対する効能を書くことは、食品にはできませんでした。

 

しかし、市場にたくさんのサプリメントが出回るようになり、不都合か生じ始めました。

 

何のためのサプリメントなのか、何のための健康食品かを、記載できなかったからです。

 

そこで、効果があることを書けるものとして、保健機能食品という機能性食品の基準をつくりました。

 

機能性の表示が可能なものは、整腸作用、血圧調節作用、血糖調節作用、体脂肪調節作用などです。

 

保健機能食品として認められたものはトクホマークをつけて販売してもいいことになっています。

 

様々な機能性食品が今ではあります。普通の食品と同様のものから、薬のような錠剤型、カプセルやドリンクタイプなども知られています。

 

いわゆる健康食品とは、健康食品の中でも、保健機能食品ではないものです。

 

食品とほぼ変わらないようなものもあり、どこまでが健康食品かは定かではありません。

 

どこまでを機能性食品といい、どこからが普通の食品なのかは、アバウトな部分があります。

 

コメントを残す