コレステロールを下げる食事メニュー

 

食事とコレステロースは、密接につながっています。

 

一般的な知識として、血中コレステロールが多くなりすぎると、病気へのリスクが上昇します。

 

食事を工夫したり、適度な運動を習慣づけることで、コレステロールをコントロールしようとする人も多いと思います。

 

a0002_003503_m

 

果物、大豆や大豆加工品、キノコ類、青魚などを意識して食べることで、コレステロールを低くしておけます。

 

コレステロールを上げないためには、先に上げた食材を積極的に用いた食事をするといいでしょう。

 

コレステロールの調節に理想的な食事が、和食です。

 

低カロリーで栄養バランスのとれたコレステロール対策向きの食事としては、ご飯、みそ汁、魚に野菜の和えものなどがいいでしょう。

 

ご飯は、血糖値をあげやすい食材なので、白米よりも雑穀米が良いといわれています。

 

コレステロール値を下げたいからといって、毎日和食ばかりでは飽きてしまうかもしれません。

 

洋食は、脂質が多くなりがちですが、コレステロール面を考えた洋風の食事をつくることは不可能ではありません。

 

 

高カロリーの食事にならないような洋食をつくるためには、煮物や、蒸した料理を中心にすると効果があります。

 

白ワインやコンソメを活用して、アサリやアジ、高野豆腐を使った料理をすることで、一風変わった食事をすることができることでしょう。

 

食事の中で、低コレステロールのことだけを優先していると、食事の喜びが減ってしまいます。

 

たまには好きなものを食べる日を設けてもいいでしょう。

 

月1回、ないし2週に1回くらいが適当な回数です。

 

コレステロールのコントロールに適した調理方法について、詳細レシピが書かれているホームページなどもあります。

 

コメントを残す