ダイエットをする時にはリバウンドに要注意です!

 

ダイエットをしたらリバウンドをしてしまったと言う人は、多いのではないでしょうか。

 

日本に限っていえば、ダイエットの経験がある人の、実に60%以上がリバウンドしていると言われています。

 

とても無視できない割合ですよね。

 

ダイエットを繰り返し行っている人の中には、リバウンドはダイエットをする都度起きているという人もいるようです。

 

 

65f4ad90783cecc18a9949f6f534a2e3_s

 

リバウンドとは、一体どういった状態が体に起きることを意味しているものなのでしょうか。

 

リバウンドという言葉は、ダイエットで減った分の体重や、あるいはそれ以上の体重が増加してしまう現象のことです。

 

しかもそれだけでなく、ダイエットとリバウンドを繰り返すと、太りやすく痩せにくい体質になってしまうのです。

 

ダイエット方法が間違っていると、痩せるつもりがさらに太るということにつながってしまいます。

 

目標体重までのダイエットを達成したら、次にすべきことは、再度体重が増えないようにできることをすることです。

 

リバウンドが発生するのは、一体どうしてなのでしょうか。

 

リバウンドの原因は、状況により人により色々です。

 

リバウンドが発生しないダイエットをするために、リバウンドの原因を探っておくことは、非常に意味があることなのです。

 

ダイエットとリバウンドの関係について

 

ダイエットしているとリバウンドが起こる事がありますが、その原因の一つは停滞期があげられます。

 

停滞期とは、ダイエットをされてきた方なら、経験があることが多いのではないでしょうか。

 

停滞期とは、ダイエットを始めた直後は減少の一途をたどっていた体重の減りが急に鈍化し、同じことをしていてもなかなか減らない状態になることです。

 

停滞期とは、太りやすい状態とイコールではありません。

 

人間の体はホメオスタシスという機能を持っており、環境の変化に左右されずに、体温や体重を保とうとします。

 

ダイエットのためにとやっているカロリー制限であっても、体としては何か危機的状況が起きたのではないかと判断します。

 

そうすると、このホメオスタシス機能のスイッチが入って、エネルギーを溜めようとします。

 

そしてエネルギーをなるべく、消費させないようにするのです。リバウンドが起きやすくなるのは、このためです。

 

では、ホメオスタシスが働かないダイエットをするには、どうすればいいでしょう。

 

短期間で、いきなり体重を減らすとホメオスタシスが機能しやすくなりますので、1カ月の減量は2㎏程度、食事制限もほどほどにするといいでしょう。

 

いくつかの点に注意をしてダイエットをすることで、リバウンドのリスクを回避できます。

 

ダイエットしてもリバウンドしない方法とは

 

ダイエット後のリバウンドの原因には、レプチンの量と満腹感もあります。

 

ダイエットを行うと、満腹感の感じ方にも変化が出てきます。

 

食事などで得た脂肪が脂肪細胞に取り込まれると、つくられたレプチンが脳に満腹のサインを送ります。

 

ダイエットによって食事の量が減ると、レプチンがつくられにくくなります。

 

そのため、慢性的にお腹がすいた状態になり、間食などをしてしまいがちです。

 

結果的に、リバウンドの可能性が高くなるわけです。

 

使うカロリーが、摂取カロリーより多ければダイエットができます。

 

ホメオスタシスのスイッチが入っている時に、摂取カロリーをもとにもどせば、摂取カロリー過剰となります。

 

レプチンの分泌量が減って、満腹になりにくいとつい食べ過ぎてカロリー過剰になってしまいます。

 

一時的に消費カロリー量が減っている時に、たくさん食べ過ぎるとリバウンドするのも無理のない話です。

 

停滞期になっても1カ月はダイエットを続けることによって、リバウンドを回避することが可能です。

 

停滞期を短縮する最もいい方法は、適度な運動をすることです。

 

運動によって筋肉を増強すると、代謝の高い体になります。

 

ダイエットの効率も上がり、結果的にリバウンドもしづらくなると言われているのです。

 

コメントを残す