脂肪を減らすには脂肪の分解と消費が必要

茶カテキンには体脂肪の分解を促す作用があるため、ダイエットなどで広く活用されています。

 

脂肪をエネルギーにして消費してしまえば、体脂肪を減らすことが可能です。

 

身体に蓄積されている脂肪を分解するのが最初の一歩です。

 

脂肪の分解を手助けしてくれる成分としてよく知られているのが茶カテキンです。

 

脂肪細胞に貯め込まれている脂肪分を、分解酵素で細かく分解してから、酸素と繋がってエネルギーになります。

 

身体に蓄積されている脂肪は、分解酵素が足りないと、分解したくてもできません。

 

脂肪分解酵素の働きを向上させるには、茶カテキンが効果的です。

 

茶カテキンの働きを確認するテストでも、茶カテキンの摂取と、脂肪代謝量の増加に関係があることがわかります。

 

ただし、脂肪はただ分解するだけでは消費はされません。

 

分解したものを消費しなければ、体脂肪として体内に溜まってしまうので、運動をして消費する必要があります。

 

体を動かす頻度を多くするために、できるだけ車を使わずに歩いたり、階の昇降には階段を使ってみてはどうでしょう。

 

きつい運動にチャレンジしても、三日坊主で終わっては脂肪の分解、消費には至りませんので、まずは適度な運動から挑戦するといいでしょう。

 

 

脂肪は酵素が働いて分解されて燃焼される

脂肪はそのままでは分解されない性質があるので、ダイエット時には脂肪が燃焼する仕組みを理解する必要があります。

 

中性脂肪の状態で、体脂肪は体の中に蓄積されています。

 

中性脂肪を燃焼させるには、分解して一旦遊離脂肪酸という状態にしてから、消費しなければなりません。

 

中性脂肪は、リパーゼの作用で分解され、脂肪酸とグリセロールに分かれます。

 

血液中に糖分が十分な量あるときには、血液中の糖分がエネルギーとして利用されるので、このときには脂肪は分解されません。

 

リパーゼは空腹時や運動をしたときなどに働きますが、これらは血液中の糖分が不足をしているときです。

 

糖質を過剰に摂取をすると、血液中の糖分が優先的に使われるので、中性脂肪は分解されません。

 

糖質制限ダイエットが効果があると言われているのは、血液中の糖の量を減らすことで、中性脂肪が燃焼しやすくできることからです。

 

体内に取り入れた糖質は、生命維持や活動に必要なエネルギーとして消費されますが、消費し切れない糖質があると中性脂肪になるので、糖質制限は中性脂肪の増加抑制にも有効です。

 

中性脂肪を分解する作用があるリパーゼは、マグネシウムやビタミンB2を使うので、ビタミンやミネラルも摂取することが大切です。

 

脂肪分解にかかわる栄養素ばかりでなく、栄養素は万遍なく摂取することが大切です。

 

余分な脂肪が気になる人は、脂肪分解に効果のある方法を普段の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

脂肪が気になる人には脂肪分解のエステがおすすめ

脂肪を分解するエステのキャビテーションは人気の美容施術となっています。

 

効率的にダイエットをするために、エステのキャビテーションで脂肪を分解している人は少なくありません。

 

空洞現象という意味を持つキャビテーションは、液体に圧力を加えるとできる気泡の性質を使っています。

 

気泡がパチンとはじけたときの衝撃は強く、物体を破壊するほどの力があるといわれています。

 

取り除きたい脂肪がある部位に、キャビテーションの衝撃を与えることで、脂肪を分解しやすい状態にします。

 

皮下脂肪が蓄積されやすい二の腕や、お尻、太ももはキャビテーションによる脂肪除去施術を使うことが可能な場所です。

 

セルライトは一度できると分解が難しいといわれていますが、キャビテーションはセルライトを分解する働きが期待できます。

 

セルライトがなくなれは、肌をなめらかにすることができます。

 

分解された体脂肪は体の中を巡っていますが、エネルギーにして燃やさない限りは再び体脂肪に戻ってしまいます。

 

エステではキャビテーションとあわせてマッサージをすることがありますが、もちろん自宅でも運動を行うとさらに効果があります。

 

カロリーをよく多く使わなければならない状況になれば脂肪は分解され消費されますので、ウォーキングなどが向いています。

 

日々の運動で脂肪の燃焼を活発にすることは、脂肪を分解しやすい体作りに役立ちます。

 

コメントを残す