ダイエットに成功するためには食事のバランスが大切

ダイエットのためにカロリー制限をする人は多いですが、食べる量を少なくしすぎると体重が落ちにくくなるので要注意です。

 

たしかに、食事量を減らせば摂取カロリーが減るので痩せることはできるでしょう。

 

ただ食事量を落とすだけではダイエットはうまくいきませんし、リバウンドがしやすい体質になってしまいます。

 

食事量が減ると体が必要とするタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどが不足をします。

 

人体のほとんどを形成しているたんぱく質は、食事で得る必要があります。

 

たんぱく質が足りないと筋肉量が落ちます。筋肉が多いほど基礎代謝が高くダイエットしやすい体に近づきますが、筋肉が減ってしまえば代謝が落ちてやせにくくなります。

 

代謝が低下している時に食事の量だけ元通りにしても、体内に取り入れたカロリーを燃焼することが難しく、使い切れなかった分が脂肪になります。

 

脂質はカロリーが高いので、ダイエットをしている方は控えがちですが、必須脂肪酸と呼ばれるものは毎日食事から摂取しなければなりません。

 

ある程度の満腹感を得るためには適度な脂質を含む食事が必要ですので、脂質を減らし過ぎて食べ過ぎてしまうことがないように注意しましょう。

 

ビタミンやミネラルは体のバランスを保つために必要ですが、代謝を高めるためにも必要な栄養素です。

 

2は脂質の代謝に、1は糖質を代謝する時に使います。ダイエット時でも体のために必要な栄養素は、食事からきちんと摂取するように心がけましょう。

 

コメントを残す