10キロ痩せたい人のためのダイエット方法

-shared-img-thumb-YAGI21511151315111513_TP_V

 

10キロ痩せたいと考えている人は、それなりに体重が多いはずです。

 

適正体重に近い状態ならば、大幅減量をすると身体に悪いです。

 

痩せすぎると疲れやすくなりますし、筋肉量が増えることで肥満体質を招いてしまう可能性もあります。

 

免疫力も低下させるなど、メリットよりもデメリットのほうが大きくなります。

 

綺麗に健康的に痩せるためには、適正体重を目指したダイエットを行いましょう。

 

適正体重だけどぷっくり体型が気になる方は、体型を絞っていく対策が効果的です。

 

体型のバランスが悪いと、太って見えてしまうことがあります。

 

適正値まで体重を落としたら、あとはエクササイズやエステケアなどで気になる部位を絞っていきましょう。

 

必要以上に痩せたいと考えている方は、体型にコンプレックスを抱いていることが多いのです。

 

二の腕、お腹、太ももなどの部位を絞っていけば、適正体重より少し多くてもスリムな体型に見えます。

 

10キロ痩せたい人に適切なダイエット方法は、食事制限と適度な運動、温浴習慣の3つでOKです。

 

この3つをしっかりと実践すれば、人間の身体は自然と体重が減るようにできています。

 

 

痩せるためにはカロリーの摂りすぎに注意する必要があります

-shared-img-thumb-AMI88_konosyuoisisugi1264_TP_V

 

体重が増えてしまう理由はシンプルであり、使われるカロリーを超えたカロリー摂取をしているからです。

 

1日2,000kcalしか使われないのに2,500kcalを摂取していれば、500kcal分が超過しています。

 

たまにカロリーオーバーする程度なら特に問題ありませんが、毎日平均して500kcalオーバーしている場合、ひと月30日間で15,000kcalにもなります。

 

脂肪は1gあたり約9kcalなので、単純計算で1.7kg近い脂肪を蓄えてしまうのです。

 

痩せるためにはカロリーの摂りすぎに注意する必要があります。

 

あらゆる栄養素の中で、脂肪は最も高カロリーなのです。

 

糖質やタンパク質の2倍を超えるカロリーがあるため、脂っこい食べ物の摂りすぎには注意しましょう。

 

脂肪をあまり摂っていないのに太るという方は、糖質を摂りすぎているのでしょう。

 

ご飯には砂糖のような甘さは感じないでしょうが、主成分は炭水化物なのです。

 

炭水化物とは糖質のことで、体内でブドウ糖に変わります。

 

ご飯、パン、めん類などの主食をたくさん食べる方も太りやすいので注意しましょう。

 

炭水化物が原因で太っている方は、血糖値が上がりにくい食材を選んでみましょう。

 

糖質の場合は、単純にカロリーが高いから肥満につながるわけではありません。

 

例えば、白米と玄米のカロリーは同程度ですが、太りにくいのは後者です。

 

パンならば白パンよりライ麦パン、めん類ならうどんよりそばのほうが太りにくいです。

 

代謝を高めるためにも1日20~30分程度は運動したいものです

-shared-img-thumb-C812_ranningucyunodansei_TP_V

 

適度な運動はカロリーの燃焼効率を高めるために必要です。

 

人間の身体には基礎代謝が備わっており、何もしなくてもカロリーを消費します。

 

ただ、基礎代謝に任せているとバランスよく痩せることができません。

 

そこでウォーキングやジョギングなどを日課にして、代謝を高めながら部分的な肥満を解消していく必要があるのです。

 

運動をすれば大量にカロリー消費ができると考えている方が多いですが、実際は自分が思っているほど減りません。

 

30分程度ジョギングをしても、菓子パンを1つ食べれば完全に相殺されます。

 

運動は代謝力を高めるために行うと考えたほうがいいでしょう。

 

特にお腹周りは日常生活において刺激を与えることが難しい部位です。

 

筋肉も付着しやすい部位なので、お腹周りの脂肪を落とすには運動が欠かせません。

 

特に年齢を重ねるほど、痩せるためには運動が必要になってきます。

 

若いころと同じダイエット法を実践しても痩せられないのは、昔よりも代謝力が低下しているからです。

 

代謝を高めるためにも1日20~30分程度は運動したいものです。

 

20分未満だと運動効果を十分に得られない場合が多いので、最低でも20分を目処に行いましょう。

 

毎日の温浴習慣は身体を芯から温めて燃焼力を高めてくれます

-shared-img-thumb-HOTE86_rotenburotobijyo15103631_TP_V

 

10キロ痩せたいと考えている方の多くは、冷え性体質になっています。

 

冷えは肥満の元と言われるくらい、体重増加に密接に関係しています。

 

人間の身体は冷えた部位から病気になりやすくなりますが、これは免疫力を下げるためです。

 

免疫力と代謝力にも関連性があり、免疫が低くなった部位は代謝も低いと考えていいでしょう。

 

下半身太りに悩んでいる方は、下半身が冷えているケースが多いです。

 

重力の関係でむくみが発生しやすいのも理由ですが、下半身は特に冷えやすいのです。

 

人間の身体は心臓から遠い部位ほど冷えやすいため、足先が一番冷えやすくなっています。

 

足先を十分に温めれば全身に温浴作用が及んで、免疫力・代謝力を高めることができます。

 

バランスよく痩せるためにも、毎日の温浴は欠かせないのです。

 

シャワーや水浴で済ませている方は、肥満体質を促進させやすいので注意しましょう。

 

全身浴、半身浴を中心に身体を温め、たまに専用施設で岩盤浴をするといいでしょう。

 

岩盤浴には優れたデトックス作用があり、身体の有害毒素や悪い汗を排出して痩せやすい体質に変えてくれます。

スポンサードリンク

コメントを残す