食べないダイエットは、基礎代謝を割り過ぎないようにする工夫が必要です

物心つくころから私も肥満していたために、実際かなり多くのダイエット方法を試してきた方だと思います。

 

ですが中には成功しない方法もいくつかありました。

 

その間違った方法というのは食べないダイエットです。

 

食べないといっても全く食べないわけではなく、量を減らしたダイエットなのですが、夕食を無糖のヨーグルトで済ませたり、生野菜だけを食べるというような、多少は偏っている方法です。このような方法は絶対にやらない方が良いです。

 

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

 

例えばこの方法でも、1日の食事の内に2食だけはきちんと食べるのであれば、それなりの効果があるのかもしれません。

 

ですが、根本的に全体の量が減ってしまうと、特に女性の場合には体を壊す事にもなりますし、貧血、無月経、脱毛、倦怠感など、体の調子を崩してしまうきっかけにもなってしまうのです。

 

ですから、カロリーを減らすダイエットにしても、基礎代謝を割り過ぎないようにする工夫が必要なのです。

 

 

また、ダイエットをする時に目標の体重が低すぎることが、最近は特に多いと思うのです。

 

芸能人などは本当にスレンダーな方も多いですが、中にはあの体重を維持する為に、過酷な食事制限をしている場合もありますし、ずっと健康的にいられるのであれば、体重にはそれほどこだわる必要は無いのではないかと思います。

 

例えば、ある程度体質によって体重は決められてくるところもあります。

 

筋肉質の人もいれば、脂肪の多いタイプの人もいます。

 

人間には、ある程度の恒常性がありますので、その人にとって理想的な体重が、他の人にも合致するとは限りません。

 

2~3㎏程度であれば、標準の体重よりも重くても、むしろ長生きだという実例もあります。

 

若い時には良いのですが、歳をとってきてから痩せるのは、それ程美しくは無いと思います。

 

それよりは、多少は体つきがしっかりしていて、肌の色艶なども良い方が綺麗に見えます。

 

そういった、自分が歳を重ねた時の想像などもしながら、ダイエットしていくことが大切だと思います。

 

また、実際のダイエットも、続けやすいように、例えばあまりにもカロリー制限をする場合には栄養補助食品などを利用し、1週間以内に抑えるとか、10㎏クラスのダイエットに挑戦する時には1年単位くらいで考え、基礎代謝を割り過ぎないダイエットをしていくなどして、リバウンドしないようにある程度計画を練った方が良いです。

 

また、運動に関しても、長く続けられる物を選んだ方が失敗もありません。

 

ランニングなども、今まであまり運動をした事が無いような人が急に行うのは、体の故障にも繋がりますし、自分の体に合っている運動方法も、しっかり見つけてダイエットをした方が良いでしょう。

 


コメントを残す