妊娠中の体重管理とダイエットについて

693508274a78094d448b31cb456885bd_s

 

昔は、妊娠中は母子の分の2人分の食事がいると言われましたが、近年ではそういう考えは一般的ではありません。

 

出産時のことはもちろんのこと、出産を迎えるまでの時期も考えて、体重管理をする必要があります。

 

妊娠中であったとしても体重が増えすぎてしまって、ダイエットをしなければならない人も少なくありません。

 

妊娠中は定期健診を受けに行く必要がありますが、その時にあまりにも体重が増えすぎているとダイエットをするべきです。

 

つわりのひどい時期がおさまって、安定期に入ると食欲が高まってきます。

 

そうなると、ついついカロリーオーバーになってしまうという可能性があります。

 

妊娠中の症状には個人差がありますが、たくさん食べたくなるという方は多いようです。

 

ダイエットのためにと、食事の量を減らし過ぎるとお腹の子の発育に支障を来しますので、無理のない程度に行うことです。

 

食事制限によるダイエットをすれば必要な栄養が行き届かず、低出生児になる可能性もあります。

 

絶対避けて欲しいのが、プロテイン系や脂肪燃焼系のドリンクやサプリメントを利用したダイエットです。

 

サプリメントの中には妊娠中の使用を禁じているものがありますが、そういったものには胎児によくない成分が含まれています。

 

酵素ドリンクは、極端な食事制限をする時に飲むといった使い方をしない限りは、使っても大丈夫です。

 

1日の摂取量や、飲み方などを把握した上で、正しい飲み方で酵素ドリンクを飲みます。

 

酵素だけなら、胎児に悪合い影響が出るものではありません。

 

 

妊娠中のダイエットについて

 

妊娠中に肥満になると、身体的な問題が発生する可能性があると言われています。

 

体重が増えすぎず、ちょうどいいペースで体重が増えるように食事量に気を配ることは、妊娠中は特に心がけなければいけないことです。

 

セルフコントロールをないがしろにして体重が増加しすぎると、腰痛や高血圧、妊娠中毒症などの可能性が高くなってしまいます。

 

妊娠中に肥満になると母体にも、お腹の赤ちゃんにもよくありませんが、そのほかにも妊娠中の肥満は妊娠線が増える要因になったりもします。

 

妊娠中に体重がオーバー気味の人は、産婦人科の先生から食事をセーブしたり、運動をするように指導されることもあるようです。

 

妊娠中でも、肥満を抑えるためのダイエットをしている人は少なくないようです。

 

ただし、妊娠中は、ダイエットのやりすぎは論外です。

 

カロリー摂取量を少なくしすぎず、体に必要な栄養は確保するようにしましょう。

 

妊娠中ですべきことは、運動不足を解消し、健康的な生活を心がけ、体にいい栄養をしっかり摂取するようにすることです。

 

和食中心のメニューにして、塩分をとりすぎないように心がけ、野菜をしっかり食べるようにしましょう。

 

肉料理より、魚料理を多くしたり、鍋ものにして野菜をたくさん食べられる工夫をしてみるなども効果があるといいます。

 

妊娠中にダイエットしなければならない時には、決して無理をせず、体調の変化に気をつけながら、慎重にすすめることが大切です。

 

栄養バランスを常に意識して、低カロリーな食品を中心したレシピによる食事を心がけることが重要です。

 

妊娠中の人にはダイエット食品がおすすめ

 

妊娠中に増えすぎた体重を減らすためには、ダイエット食品を活用すれば摂取カロリーを調整することが可能です。

 

妊娠すると、しばらくはつわりがひどくて食事ができませんが、安定期に入るとかなり楽になることが知られています。

 

つわりが落ち着いてくるのと同時に食欲が増すことにより、思いがけず食事量が増加して体重が増えてしまう方が多いのも事実です。

 

健康的な生活をするためには、体重の増加で身体に負荷がかかるような事態は避けましょう。

 

8㎏を目安にして体重増加を調節してください。

 

胎児にたっぷり栄養を届けるためには食事はとても大事ですが、体重が増えすぎた場合、高血圧や、糖尿病などの身体リスクが増加することがあります。

 

体重が増えてくることによって、産道に脂肪が蓄積してしまうと、分娩時に難産になってしまう可能性が高くなります。

 

お腹に赤ちゃんがいることで、いつも以上に食欲が出てしまいがちですが、食事内容に気をつけて、体重をコントロールする努力が必要です。

 

ですが、体重の増加に一喜一憂しながら、食べたいものをこらえつづけていると精神的なイライラも蓄積されますので、体にいい影響はありません。

 

妊娠中の体重調整におすすめなのが、ダイエット食品を利用した方法です。

 

様々な栄養素が配合されているダイエット食品は、妊娠中にカロリーの少ない食事をしたいという女性にも適しているといえます。

 

間食をしたい時などは、ダイエット食品として販売されているマフィンやビスケットがお腹にたまりやすく、適度な満腹感も得られて便利です。

 


コメントを残す