美肌のためには肌に合った保湿クリームを選ぶ方法

保湿成分を含む基礎化粧品や、保湿クリームで肌に保湿力を与える保湿ケアは、誤った方法を続けていると肌によくありません。

 

化粧水、美容液、乳液などで保湿成分を肌にしっかり与えていれば、保湿クリームを使用する必要はありません。

 

スキンケアでお肌につける油分は適量があることが大事です。

 

保湿クリームが含有する油分では、多すぎるという人もいます。

 

また、過度に保護しすぎると肌本来の働きが低下してしまうので、注意が必要です。

 

美容液や乳液に含まれている油分をチェックし、足りない分を補う用途にだけ保湿クリームを使います。

 

化粧水や美容液などで保湿成分を与えていない場合、つまり美白化粧品など保湿以外の目的の化粧品を使っているのであれば、スキンケアの最後に保湿クリームを使用します。

 

保湿効果のある成分は色々なものがありますが、細胞間脂質は肌細胞同士の間を埋めて、水分が逃げていかないようにしてくれます。

 

加齢や洗顔のしすぎ、偏った食事などが原因によって肌の細胞間脂質が減少すると、肌の乾燥の原因となります。

 

保湿化粧品の成分としてよく使われている細胞間脂質がセラミドです。

 

セラミドは水分をたくさんキープできるという利点もあります。

 

セラミドは脂溶性成分なので、保湿クリームによって肌に与えることが適しています。

 

セラミドは動物や植物から抽出したセラミドのほか、ヒト型セラミドや、疑似セラミドなどがあります。

 

保湿クリームを選ぶ時は、肌への刺激が少なく、高い浸透力と保湿力があるのはヒト型セラミドがおすすめです。

 

コメントを残す