ヒアルロン酸を使ったバストアップについて

 

ヒアルロン酸を注入するタイプのバストアップ施術が、最近話題になっています。

 

美容整形外科などで行われる、バストアップ術はいろいろとあります。

 

多くの人がヒアルロン酸注入によるバストアップ施術を利用するのは、手術時間が短時間で済み、皮膚を切らずにできるためです。

 

どのようなメリットがヒアルロン酸を注入するバストアップ術にあり、リスクはどこなのかを、施術前に把握しておくことが大事です。

 

 

ae298cc9304b4d5968d00c27bf3ac2fe_s

 

利点だけに目を向けるのではなく、どういったリスクがあるかを踏まえた上で、バストアップのためにヒアルロン酸を注入するかを決めましょう。

 

大事なことは、ヒアルロン酸注射によるバストアップ効果に永続性はありません。長くても1年ほどで、手術前のサイズに戻ります。

 

いつまでも豊胸効果を得ていたいという人は、ヒアルロン酸注入以外の方法が推奨されます。

 

技術は日々進化しているため、最近は粒子の大きいヒアルロン酸を使って、長期にわたるバストアップが可能になっています。

 

しかし、施術するサロンによっては、値段を安くするかわりに、従来のヒアルロン酸を使っているという所もあるようなので注意が必要です。

 

ヒアルロン酸を注入するバストアップが人気があるのは、豊胸バックを皮膚の下に入れる方法よりも体への負担か少なく、安価で受けられるためです。

 

しかし、ヒアルロン酸を注入してバストのサイズを大きくする美容施術は、豊胸効果が一生続くようにしたいという人には向いていません。

 

バストアップにヒアルロン酸の注入を利用したいという場合は、大きくなる範囲は従来バストの2カップ以内です。

 

ヒアルロン酸を注入するバストアップ方法は、2カップ以上のバストアップを希望する人には使えません。

 

バストアップにヒアルロン酸を用いる利点の一つに、もともと体にある成分と同じ物質なので、拒否反応がないということがあります。

 

ヒアルロン酸を注射することでバストアップをすることには、どんな長所と短所があるのか、カウンセリングできちんと確認しましょう。

 

コメントを残す