目の下の脂肪注入でクマを解消

 

脂肪注入は、目の下のクマが気になっている人におすすめです。

 

目の下部分に黒いかたまりができることがありますが、それは、脂肪の塊がたるみとなって涙袋の影となることでできあがります。

 

もしも、目の下にできるクマを解消したいのであれば、くぼみができている部分に脂肪を注入するという美容施術が有効です。

 

 

beautiful-2314_640

 

目の下の皮膚に弾力性が戻り、たるみをなくすためには、脂肪吸引手術が有効なのです。

 

注入に用いる脂肪は自分のものが使われますが、目の下のたるみから取ることもあります。

 

太ももや、お腹から、追加の脂肪を取りだして、脂肪注入にプラスします。

 

2、3日ほど、脂肪注入をしたところに、痛みが残るかもしれません。

 

脂肪を取りだした部分も、施術後一週間くらいは痛みが継続します。

 

痛いときは施術してもらったクリニックで、痛み止めを処方してもらいましょう。

 

また、脂肪注入をした場所は、施術後3日程度は、腫れ続けることがあると言われています。

 

患部の内出血が出る人もいますので、メイクでわからないようにしておけば、1週間くらいで元に戻ります。

 

顔を洗ったり、シャワーを浴びたりはその日のうちにできます。

 

施術日翌日はメイクも普通にできます。人と会う時に、不審に思われることはないでしょう。

 

わからないことはカウンセリングの時点で明確にしておくことで、脂肪注入手術のリスクを踏まえた行動ができます。

 

もしも、目の下のクマを消したいと思っているなら、脂肪注入での美容施術を考えてみてください。

 

コメントを残す