脂肪注入による豊胸とは

 

脂肪注入による豊胸手術は、最近特に注目されています。

 

では、脂肪注入による豊胸手術とは、どのようなものなのでしょうか。

 

胸のサイズを大きくするために、自身の脂肪を利用します。

 

自分の脂肪とは、体の別の場所から取り出したものを使います。

 

自らの脂肪細胞を利用するメリットは、手術後も脂肪細胞が半分程度は残ることです。

 

 

f4f6789c787173182f6a5b2b2c424bc8_s

 

しかし、脂肪注入によってバストサイズをアップする手術は、全ての人が適しているとは限りません。

 

体内の脂肪量がそもそも少ないために、脂肪注入による豊胸手術がしたいけれども、かさ上げに使う脂肪がないという人もいます。

 

豊胸手術の効果に永続性は欲しいけれども、異物を挿入することで胸のサイズを大きくするような手術はしたくないという人にはおすすめです。

 

もともとは、痩身のために体脂肪の除去がしたかったのだけれど、もののついでにバストサイズのアップもしたいという人が、豊胸に脂肪を使うようです。

 

脂肪注入による豊胸のメリットは、脂肪を注入するのでレントゲンに異物が写ることがないことです。

 

注射で脂肪を入れるだけなので、傷跡はできません。

 

部分痩せができ、かつバストアップもできることが、脂肪注入での豊胸手術の魅力です。

 

豊胸手術をした痕跡は一切ありませんので、秘匿性が守られるという利点もあります。

 

しかし、場合によっては、しこりのようなこわばりが、患部に残ることがあるといいます。

 

けれども、しこりが残るリスクは、かなり低いものだといえます。

 

カウンセリングを受けている時に、不明な点や、気になる点は問い合わせた上で、脂肪注入の豊胸手術を受けてください。

 

コメントを残す