夏のにきび予防に役立つ成分とサプリメント

6168665114e310818015e0615ce4081e_s

夏になると、にきび対策が大変になると感じている人は少なくありません。

 

適切な洗顔や、スキンケア化粧品によるお肌のお手入れも大事ですが、サプリメントで肌の健康を保つ成分を補給するというやり方もあります。

 

にきびが夏に増えるのは、一体なぜでしょうか。

 

にきびと気候の関係を理解することで、どんなスキンケアがにきび対策になるかがわかります。

 

冬に比べると夏は暑いので、皮脂の分泌が増えます。

 

 

お肌にはもともと、数え切れないほどの常在菌が生息しています。

 

皮脂が毛穴に詰まるとそれを栄養源にして菌が増え、にきびができます。

 

分泌される皮脂の量を抑えたい時には、ビタミンCが効果的です。

 

ビタミンCは他にも様々な美容効果がある成分です。

 

ビタミンCのサプリメントは、にきび対策に使うと効果が高い美容のサプリメントとして、人気が高いようです。

 

夏は、古くなった角質層が剥がれ落ち、新しい皮膚と交代する頻度が多くなるシーズンでもあります。

 

まだ十分に育っていない皮膚が、古い皮膚と交代して表面に出てくることがあるため、皮膚は外界からの刺激に敏感になってしまいます。

 

過度の洗顔や紫外線など肌表面への刺激によって、肌荒れやにきびといった肌疾患を起こしやすい状態になってしまいます。

 

分泌された皮脂が毛穴に残らないように、しっかり顔を洗うことによって、にきびのない状態が維持できます。

 

皮脂が分泌しすぎないようにサプリメントを活用することも、洗顔によるスキンケアと同じくらいにきび予防には重要です。

 

にきび用のサプリメントの種類

 

サプリメントでにきび対策を講じているという人は多いようですが、どんなサプリメントが、にきび予防に効果を発揮するものなのでしょうか。

 

にきびになりにくいお肌になるためには、ビタミンCを摂取して皮脂分泌量を抑え、毛穴に皮脂が詰まってにきびができるという状態を未然に防ぎましょう。

 

にきびにいいだけでなく、ビタミンCは皮膚の健康状態を高める作用も期待できます。

 

ビタミンCのサプリメントを積極的に利用して栄養補給することで、健康な肌になることが期待できます。

 

毛穴に詰まる皮脂の量が、ビタミンCの摂取によって少なくなれば、結果的にアクネ菌が増えづらくなってにきび予防になります。

 

にきびのできにくいお肌になるためには、にきびをつくる源となるアクネ菌が少ない状態を維持することです。

 

また、ビタミンCは炎症を鎮静する作用があるために、にきびの症状がひどくなりにくくなります。

 

ホルモンの調子が悪くてにきびが出るという人もいます。

 

そういう場合は、サプリメントで、ホルモンの状態を整える作用がある成分を摂取しましょう。

 

ホルモンのバランスを整える成分としては、大豆イソフラボンや、イブニングプリムローズがいいと言われています。

 

ストレスが原因で肌トラブルが起きる場合もあります。

 

ストレスによって出来たにきびの場合は、ビタミンB群を摂取するようにしましょう。

 

疲れた体を回復させたり、体内に蓄積されている脂肪をエネルギーに変えたり、美肌を助ける効果が、ビタミンB群にはあるといいます。

 

サプリメントを活用することで、ストレスによる肌の不調や、食習慣の乱れなどを改善し、健康的な体づくりが可能です。

 

にきびとサプリメント利用時の注意点

 

にきびケアや、にきびにならないお肌づくりのためには、食事などでの栄養摂取が大事です。

 

皮膚の健康に必要な栄養成分をサプリメントで摂取するというやり方がありますが、サプリメントの補給には心がけたいことがあります。

 

サプリメントは、過剰に摂取しすぎると体によくない影響がありますので、にきび対策以外の時でも、気をつけたいところです。

 

特にビタミンCなどは余分に摂取したとしても、必要のない分は体外に排出されてしまいます。

 

少しでも早くお肌のコンディションを整えたいといっても、大量にビタミンCのサプリメントを飲んでも、美肌効果が得られはしません。

 

サプリメントは、薬や、他のサプリメントとの相性が悪いと、思わぬ形で弊害が生じる可能性があるといいます。

 

にきび対策のためにサプリメントを摂取したいという人は、6やビタミンCが適していますが、中には相性がよくない成分もあります。

 

体の中に石ができた原因が、ビタミンCと利尿用の薬を飲み続けていたからということがあります。

 

パーキンソン病の薬を飲んでいる人が、同じタイミングでビタミンB6を摂取していると、薬の効果が低下することがあります。

 

サプリメントを飲む時は水か白湯などで飲むようにして、コーヒーやお茶などと一緒に飲むのは避けましょう。

 

サプリメントの成分が、お茶やコーヒーのカフェインやタンニンにくっつくと、吸収しにくくなることがあります。

 

サプリメントを正しく使うためにも、適切な用法、用量を守って摂取することは、にきび用のサプリメントでなくてもいえることです。

 

 

 

コメントを残す