青汁の持つ健康促進効果を解説します

4587778

青汁とは、食品の中でもとりわけ栄養価の高い、緑色の葉っぱの野菜を絞ったり摩り下ろしたりしてその栄養成分を摂りやすくしたものです。

 

有名な青汁ではその苦味が特徴的ですが、たとえばハチミツを入れたり砂糖を入れたりして色々な味を足すことで苦味を緩和したりすることもできます。

 

その苦味がいいという人もいますね。

 

青汁に一番多く含まれているのは食物繊維です。

 

食物繊維は、大腸にたまっている老廃物を排出したり、大腸を刺激して細かなかすを取り除いたりぜん動運動を促したりする効果があります。

 

 

また、排泄物の増量にも使うことができますよ。

 

とにかく快便に効くものが多く、また食事量が少ない人でもカロリーを取らずに排泄量を増やすということができたり、便秘に悩む人に効果があります。

 

最近は便秘対策として乳酸菌が入っているものも多いですね。

 

もうひとつはビタミン類です。

 

特に緑黄色野菜に多く含まれているビタミンAは多くの人が摂取したい栄養素ですが、これは青汁に豊富に含まれています。

 

青汁にはケールや大麦若葉を原料にしているものが多いので、原料としてはやはり栄養価が高く、特にビタミン類が多く含まれているものです。

 

また、鉄分も大事なポイントといえるでしょう。

 

血の原料になったり、体の調子を整えるのにいい鉄分はたしかに重要です。

 

特に女性は積極的に摂りたいミネラルです。

 

この女性向けの青汁の中には、鉄分が配合されていたりするものもあります。

 

青汁とはとても健康にいい食品ですよ。

 

コメントを残す