青汁とはどういったものでどんな栄養素が含まれてるのか?

a1180_006382

青汁は、野菜摂取不足の解消に非常に効果があります。

 

それは、野菜を調理して摂取するよりもたくさんの野菜を身体へ摂り入れることができるからです。

 

原料となる野菜を細かく砕いてあるので、直に野菜を食べるよりも消化し易く、非常に多くの栄養素を吸収することができるのです。

 

その野菜の質ですが、青汁の原料となる代表的なケール・明日葉などは、盛んに品種改良が行われる一般的な野菜と比較すると、フィトケミカル・ポリフェノールが豊富に含まれています。

 

ですから、青汁とは野菜不足を解消する豊富な栄養素が摂取でき、健康促進効果が期待できる食品なのです。

 

青汁に含まれている豊富なビタミン・・ミネラルなどは、天然の生命力といえるでしょう。

 

 

また、ビタミンは単体で摂取するよりも、総合的に摂取する方が身体の中では効果的に働きます。

 

それは、ビタミン同士が相互に影響し合って働くためで、より多くの種類のビタミンを摂ることが、健康促進効果を上げる結果へ結びつきます。

 

ですから、青汁として野菜を摂るのは、とても理に適った摂取の仕方だといえるでしょう。

 

これは、サプリメントで栄養素を摂ろうとするよりも、健康促進効果が高いのです。

 

どうしてかというと、サプリメントからは特定の栄養成分しか摂取できないからです。

 

ですから、健康のためにより多くの栄養素を摂取したいのであれば、サプリメントよりも青汁がお薦めです。

 

青汁を飲むことを、毎日の習慣とするのは簡単です。最近では、美味しくて飲みやすいものがありますからその点でも嬉しい食品なのです。

 

コメントを残す