自分はワキガの可能性あり?ワキガチェック

089982

ワキガは年齢や性別に限らず悩んでいる人が多いと言われています。

 

ワキガとはそもそも何なのか、というワキガの基礎知識と自分でもできるワキガチェックの方法をお伝えします。

 

人の皮膚には、エクリン汗腺、アポクリン汗腺という2つの汗腺があります。エクリン汗腺は全身にある汗腺で、皮膚の表面に汗を分泌します。汗の成分はほとんどが水分で、残りは少量の塩分です。

 

暑い時、運動した時、病気で熱が出た時などに出る汗は、エクリン汗腺からのものです。水分が蒸発する時に体温を奪うので、体温調節の働きがあります。エクリン汗腺からの汗にはほとんどニオイがありません。ワキガのニオイの元になるのは、アポクリン汗腺です。

 

アポクリン汗腺は思春期になると、代謝が活発になるため、働きが活発になります。タンパク質や脂質を成分の中に含んでおり、皮膚の表面や毛などにつくと、細菌によって分解されてニオイを発症します。これがワキガの原因といわれています。

 

水分が蒸発する時に、ワキガのニオイも周囲に拡散してしまうと、それがワキガの原因になります。ワキガになる汗は、衣服に黄色い汗シミを作る原因にもなります。

 

ワキガ体質とは、アポクリン汗腺が発達している体質のことを言います。ワキガは周囲の人を不快にするので、治療の対象となっています。

 

 

ワキガの診断は、病院で行うことができますが、自分でも簡単にできるワキガチェックの方法があります。綿棒で耳掃除をした時に、耳垢が湿っている人は、ワキガ体質と言われています。

 

耳垢が湿っているのは、耳の中のアポクリン汗腺の数が多いためです。耳の中には一般的に汗腺はありませんが、その耳の中が湿っているということは、耳の中にアポクリン汗腺があるということです。

 

アポクリン汗腺は脇にも多くあり、ワキガの原因となりますので、耳垢が湿っていると、ワキガとの関連性は高いと判断できます。

 

ワキガ体質は遺伝すると言われています。両親の片方がワキガなら50%、両親ともにワキガなら80%の遺伝の確率と言われています。

 

脇毛や体毛が濃い人も、ワキガが強くなる可能性が高いです。脇毛が濃いと、そこに汗がついて細菌が繁殖しやすくなりますので、脇毛を処理しておくこともワキガの予防効果があります。

 

ワキガの人は、服が汗で黄ばむことが多いです。アポクリン汗腺から出る汗には、蛍光物質や皮脂、鉄分などが含まれており、これらが黄ばみの原因となります。

 

運動した時や暑い時に汗が出るのは誰にでも起こりうることですが、そうではないのに大量に汗をかいたり、緊張した時に汗をかく人は、多汗症の可能性があります。




スポンサードリンク

コメントを残す