ヒアルロン酸注入による豊胸手術について

 

ヒアルロン酸注入による豊胸が最近バストの大きさで悩んでいる人の間で人気だといいます。

 

これまでの豊胸手術と異なり、体への負荷が少ないという利点があります。

 

人間の体にも、もともとヒアルロン酸はありますので、アレルギーが起きる可能性はありません。

 

深刻な副作用が発生するようなことは滅多にないと言われていますので、信頼性の高い方法です。

 

ものの15分もあれば、バストアップをしたい場所にヒアルロン酸を注入することができます。

 

準備や、施術後の処理の時間などを入れても、45分くらいで済みます。

 

 

breasts-88942_1280

 

シリコンバックを入れる豊胸手術では、脇の下を切開しなければならないのですが、ヒアルロン酸の注入手術の場合は、注射をするだけで手術ができます。

 

注射器だけで行うので、傷跡もなく体の負担はかなり軽くなっているのが特徴です。

 

メスを使わないので、その日のうちに帰宅できるのも、人気の理由となっています。

 

腫れや痛みを伴いはしますが、ヒアルロン酸での豊胸は、2~3日程度で痛みや腫れは解消するようです。

 

痛みが気がかりだという人は、ヒアルロン酸での豊胸手術を行う時に、痛み止めの薬を出してもらってください。

 

筋肉と、乳腺の間にヒアルロン酸を注入し、バストアップをはかることが基本的な豊胸方法ですので、授乳や、妊娠には、特段の支障は生じないようです。

 

胸のどの場所に、何CCのヒアルロン酸を注入するかを調節できますので、胸の形や、豊胸の仕方をコントロールすることが可能です。

 

豊胸手術が終わってからは普段どおりの生活に戻ることができますし、レントゲン撮影も一般の人と何も変わりません。

 

多くの利点が、ヒアルロン酸注入での豊胸手術にはあるといえるでしょう。

 

ヒアルロン酸注入による豊胸のデメリット

 

ヒアルロン酸注入による豊胸は、体にも負担が少なく、日帰りでできるプチ豊胸として人気がありますがデメリットはあるのでしょうか。

 

人体では一定量のヒアルロン酸が生成されていますので、外部からヒアルロン酸を注入しても拒否反応は少ないですが、皆無というわけではありません。

 

ヒアルロン酸を体内に注入したことによってトラブルに発展する可能性がありますので、問題が起きたら即座に医者にかかりましょう。

 

体の中に入ったヒアルロン酸は、新陳代謝の作用によってだんだんと分解され、いずれは体の外に出ていく運命です。

 

ですから、ヒアルロン酸を注入してバストアップをした場合、一定の時間が経過すると豊胸効果は失われます。

 

体の中で、ヒアルロン酸が吸収されるまで2、3年かかります。

 

粒子の細かいものだと1~2年だそうです。

 

ヒアルロン酸が吸収され、豊胸効果が失われてしまった場合は、再び同じ手術をして、ヒアルロン酸を注入する必要があります。

 

ヒアルロン酸を注入することによる豊胸手術には副作用のリスクはありませんが、施術をするごとに費用がかかってしまうことは理解しておきましょう。

 

ヒアルロン酸を注入して行う豊胸手術は、施術を行う医師の技量や、テクニックによって、満足度の高い仕上がりになるか変わります。

 

医師が適切な判断をして、ヒアルロン酸をどこにどのくらい注射すればいいかが正しければ、きれいなバストになります。

 

ヒアルロン酸を注入することで得られる豊胸効果は、いい面もありますが、注意しなければならないこともありますので、事前に情報を確認しておくことが大事です。

 

ヒアルロン酸注入による豊胸手術の内容

 

ヒアルロン酸注入法は体への負荷が少なく、気楽に利用できる豊胸手術だといいますが、どのような手順で行われているものなのでしょう。

 

ヒアルロン酸を使った豊胸手術を行っているクリニックの中から、どこを使うかをまず決めます。

 

各クリニックのホームページを確認すれば、ある程度の料金体系はわかりますし、大体の施術の方法もサイトに書かれています。

 

中途半端な表記がされているようなクリニックは、選ばない方がいいでしょう。

 

ヒアルロン酸注入による豊胸手術を実際に行った人の口コミサイトを見て、クリニック選びに役立てるのもいい方法です。

 

いくつか良さそうな美容クリニックを見つけたら、事前に予約してカウンセリングを受けましょう。

 

カウンセリングの場では、ヒアルロン酸を注入して行う豊胸手術で知りたいことや、確認したいことなどを教えてもらえます。

 

カウンセリングを受けてみて、対応は満足のいくものか、丁寧に説明をしてくれるかなどを確認し、場合によっては他のクリニックを探します。

 

カウンセリングが済んだら、同意書に名前を書いて施術に入ります。

 

胸に局所麻酔を施し、痛みを軽減した上で、ヒアルロン酸を注入して、バストサイズを大きくしていきます。

 

しばらくは胸が張った感じが残るかもしれませんし、注射針の跡が残りますが、数週間ほどで痛みや張りはおさまります。

 

豊胸手術にヒアルロン酸の注入を用いる方法は、誰でも簡単に利用することができますので、関心がある人は試してみてください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す