足の臭いの原因と対処法

17887511

湿度が高い時期、また、気温が高い時期になると、汗をかきやすく蒸れやすい時期でもあります。これは、足などに関してもにおいがでてしまうこともあるため、しっかりとした対処法をする必要があります。

 

足のにおいの原因として、汗により蒸れることにより雑菌が繁殖しやすい環境が整ってしまうことです。そのため、においが発生し、また、足だけでなく靴に対してもにおいが染み付いてしまうこともあります。

 

対処法としては、靴は定期的に履き替えましょう。できれば、毎日同じ靴を履かず、他の靴と一日ごとに交互に履いていくことも大切です。毎日、同じ靴を履いてしまうと、汗、また、雨の日の次の日などは、濡れた靴が乾ききる前に、また履くことになるため、蒸れる原因、また雑菌が繁殖しやすい状態になりやすいため、しっかりと靴は乾かすために、毎日、同じ靴を履くことは避けましょう。

 

また、足が蒸れにくくするための対策として、通気性のいい靴下などを履くようにするのもいいでしょう。靴を履いたとしても、蒸れにくくなるため、ある程度、臭い対策にはなります。

 

また、靴に対しても対策として雑菌を抑えるための、靴用の消臭スプレーを使用するのもいいでしょう。スプレーを使うことにより、雑菌の繁殖を抑え、臭いを抑えます。

 

このようにさまざまな対策をしていくことで、臭いの原因となるものを防ぐことが大切です。

 

 

また、靴なども、定期的に洗い、清潔な状態を保つことも臭い対策の一つです。そういった意味でも、代わりの靴を準備しておき、靴を洗い、乾かしている間に履く靴のストックを持っておくことも大切です。

 

また足のにおい対策としては、外出から戻ったら、シャワーなどで、きれいに洗うことも大切です。汗や雑菌、汚れなどが肌に付着しているため、その臭いの元となるものをしっかり洗い流すことで、対策をしましょう。

 

また、自分の体臭などは自分ではあまり実感しにくいものです。ですが、周囲からすれば、不快な臭いと感じることもあるため、周囲から指摘されたり、自分で気づいた時点で、しっかりと対策をするように心がけることが大切です。

 

気づかずに、周囲に不快な思いをさせていると、なんらかのトラブルになったり、特に自分は何もしていないのに周囲からマイナスイメージになりがちです。

 

普段から、体臭などには気をつけて、周囲に対しても気を配り、不快な気分にさせないように、気をつけていき、臭いがきついと感じたり、また、周囲からの指摘があった場合にはしっかりと対策をすることが大切です。




スポンサードリンク

コメントを残す